Home / Department Info / English Teaching / 教職課程(英語)

教職課程(英語)

英語学科、教職課程のページへようこそ

英語学科の教育課程で開講されている科目の中から、卒業時までに最低124単位以上を履修しながら、教職課程で課される科目(本学の場合は37単位)を同時並行で履修し、単位を修得することで、本学卒業時に中学校と高等学校の教員免許状を取得することができます。

本学では、新入生の約25%の学生が教職課程(英語)を受講し始め、殆どの学生が最終的に教員免許状の取得に至ります。英語学科では、免許状取得者のうち、多くの卒業生が、中学校・高等学校の英語教員として勤務しています。専門的に学んだ英語を職業として活かしながら、自分の出身地や近隣の地域で社会に貢献することができるという点では、最もやり甲斐のある仕事の一つと言えます。

以下は、高校生や保護者、また在学生からよく問われる質問です。ここでは、これらの質問に応答する形式で、教職課程を履修する際の不安を一掃し、一人でも多くの学生が教職課程に加わり、目標の実現に向けて、学びの幅を拡げて下さることを願っています。

  1. 教職課程を取るかどうか、いつ頃決心する必要がありますか。
  2. 教員を目指すには、海外留学をした方がいいでしょうか。
  3. 教職課程では、どんな科目を履修するのでしょうか。また、何かの条件がありますか。
  4. 教職を履修し始めて、学習上困った時にサポートをして頂けますか。
  5. 学科で課される単位に加えて、40単位近くを余分に履修するのは大変ですか。
  6. 教育実習が課されるそうですが、どんなことをするのでしょうか。
  7. TOEICや英検のスコアや級を取る必要はありますか。
  8. 取得できる教員免許状の正式な名称は何といいますか。
  9. 教員採用試験は大変難しいと聞いていますが、採用試験に最終合格することができるのでしょうか。

Check Also

教職を履修し始めて、学習上困った時にサポートをして頂けますか。

教職課程に限らず、学習中にいろんな困難や疑問を感じることがあります。ご自分がうまく理解できない点は、授業中に質問することができますが、授業外に個人的に質問することもできます。

学科で課される単位に加えて、40単位近くを余分に履修するのは大変ですか。

教職課程を履修する学生は、本学では37単位余分に履修しなければなりませんので、大学生活が忙しくなることは確かですが、この忙しさを学びの充実化と捉えて、むしろ意欲的に立ち向かっている学習者が殆どです。

Leave a Reply