Home / Faculty / Shinichiro Yokomizo

Shinichiro Yokomizo

All about Shinichiro Yokomizo

プロフィール

YOKOMIZO

 ことばの教師になって20数年、ずっと確信し続けていることがあります。それは、「要は『やる気』次第!」という考えです。「どんなに上手に教えることができても、学習者にやる気がないとうまくいかない」という思いを、私は教師になった頃から強く持っています。そして、「教師の言動が、学習者のやる気に大きな影響を与える」という思いも、自分自身の学習者としての体験・教師としての体験から、強く持っています。皆さんにも、「~先生のせいでやる気を失った」とか「~先生のおかげで、ある教科が好きになった」とかいう経験がおありではないでしょうか。

 学習者のやる気の有無が学習の成果に大きな影響を与え、教師の言動がそのやる気に大きな影響を与えるとするのなら、三段論法で、教師の言動が学習者の学習成果に影響を与えることになります。となると、教師の仕事が学習者の学習成果を上げる支援者である以上、「自分の授業は学習者のやる気を引き出しているか」という観点で、自分自身の言動を振り返り、改善点があればそれを直し、よい点があればそれを継続したりさらに発展させたりすることが、教師に求められることになります。その繰り返しこそが、教師としての成長につながるのです。

現在私は、西南女学院大学での教育・研究活動だけでなく、国内外での日本語教育/英語教育、そして在住地域(博多)の様々な教育活動にも積極的に関わっています。それらの活動を通して知り合う数多くの魅力的な方々から、「やる気を引き出すヒント」をたくさん教えてもらっています。そこから得られた学びを、自分の教育・研究活動に活かすよう、楽しみながら頑張っています。

2013年春より、日本語教員養成課程の責任者として、履修者全員が豊富な知識と確かな実践能力を4年間で身につけ、卒業後に就職または国内外の大学院に進学できるように、カリキュラム全体の改革を進めています。これまでの教育活動の集大成として取り組むカリキュラム改革ですので、全力で大きく発展させていきます。日本語教師にどうしてもなりたい方、西南女学院大学人文学部英語学科で、いっしょに成長していきましょう!

Being a language teacher for over 20 years, I strongly believe that a good class all depends on the learners’ willingness to learn.  No matter how well you can teach, a class will not run well without the learners’ willingness to learn.  From my personal experience as a learner and a teacher, I strongly believe that the teacher’s behavior has a great influence on the learners’ willingness to learn.  Have you ever experienced losing your interest or vice versa in a school subject because of the teacher?

Based on syllogism, if the learners’ motivation influences the outcome of the learning, and the teacher’s behavior influences the learners’ motivation, then the teacher’s behavior influences the outcome of the learning.  In other words, a teacher’s job is to improve the learners’ learning.  And, to do so, the teacher should be aware of whether his/her teaching draws the learners’ interest.  The teacher should reflect upon his/her teaching behavior, make changes to his/her behavior if there needs to be an improvement, and continue and even refine any good points.  Repeating this process should improve oneself as a teacher.

Besides my profession at Seinan Jo Gakuin University, I am actively involved in various educational scenes in the Japanese and English language education nationally, internationally and locally where I reside in Hakata.  Many interesting people, who I have met through these various activities, have taught me various ways in drawing the learners’ interest.  I am striving to utilize and integrate these learnings into my own teaching and research methods.

As the person in charge since Spring 2013, I am currently reforming the Japanese language teacher-training course curriculum in order for the students to acquire abundant knowledge and practical competency in four years and to find employment after graduation or advance to graduate schools within Japan or overseas.  I will do my best to improve the curriculum, since this reform can be claimed to be a summary of my learnings.

Those who eagerly want to become Japanese language teachers, come and join us at the English Department of Seinan Jo Gakuin University.

Leave a Reply