英米文学特殊講義〜恋愛とバラ

This topic contains 0 replies, has 1 voice, and was last updated by Suzuko Brown Mamoto Suzuko Brown Mamoto 12 months ago.

Viewing 1 post (of 1 total)
  • Author
    Posts
  • #7055

    イギリスの名詩を紹介するこの講義。ここ数週間、毎回「バラ」が登場します。

    Robert Burnsの「赤いバラ」
    My love is like red, red rose
    That’s newly sprung in June;
    My love is like the melody
    That’s sweetly played in tune.

    を学んだと思ったら、次週は
    Walter de la Mareの「孔雀のパイ」
    There is wind where the rose was;
    Cold rain where sweet grass was:
    And clouds like sheep
    Stream o’er the steep
    Grey skies where the lark was.

    で秋の寂しさを感じ、先週はBen Jonsonの「シーリアへ」
    I sent thee late a rosy wreath,
    Not so much honoring thee
    As giving it a hope that there
    It could not wither’d be;
    But thou thereon didst only breathe
    And cent’s it back to me;
    Since when it grows, and smells, I swear;
    Not of itself but thee!

    の官能的な恋愛詩。
    最近はみなさんの和訳や解説・解釈がとても上手で、今回も提出した人はみんな良かったです。ちなみに、このクラスで、1・恋人から自分を何に例えられたいか?と2・自分なら恋人を何に例えるか?と質問しました。複数回答やユニーク回答をご紹介します。
    1・ダイヤモンド、うさぎ、チョコレート
    2・Sunflower、Sun、ビターチョコレート、くっつき虫
    どちらでもチョコレートがランクインしているところが女子大らしいですね!

    4号館近くの斜面にあるバラは地味ながら、私のお気に入りスポットです。皆さんも次通るときに、授業で習った詩を思い出してみてください。

    Attachments:
Viewing 1 post (of 1 total)

You must be logged in to reply to this topic.

Close