大会要項

「第回西南女学院大学 全国高校生英語スピーチコンテスト(KANAME杯)

■大会名称: 第3回西南女学院大学 全国高校生英語スピーチコンテスト(KANAME杯)
主催: 西南女学院大学人文学部英語学科
共催: 西南女学院大学ゴールデンZクラブ
後援: 西南女学院大学 福岡県教育委員会 北九州市 北九州市教育委員会 公益財団法人日本英語検定協会 北九州ゾンタクラブ クライストチャーチ工科大学(NZ)ウインチェスター大学(UK)
協賛: JTB 東京書籍株式会社 オックスフォード大学出版局株式会社 株式会社アウルズ 株式会社内田洋行(申請中)

■大会の目的:価値観の多様化や技術革新が加速するグローバル社会に向け、高校生が自らの主張や発想を自分らしい英語で表現する場を設ける。もって、持続可能な未来の構築に貢献する「世の中の要(かなめ)」となる人材の育成に寄与することを目的とする。

■開催要項
①大会日時:2021年11月13日(土) 13:00~15:00
西南女学院大学8号館大谷研究室よりビデオ会議ソフト(Zoom Webinar)を使用して実施。現地集合なし。
② 応募資格:日本国内の高等学校または高等専門学校に在学中で、英語を母語としない高校生及び高専生(1-3年)
③ 応募方法:全て大会ホームページを通して所属学校教員が行う(指導は誰が行っても構わない)

https://seinan-jo.com/kaname-cup/、または左のQRコードを読み取る。

④ 応募締切日時:2021年9月30日(木)午後5時
⑤ 予選結果(本選出場者)発表:2021年10月14日(木)午後12時 大会ホームページにて。
※応募締切までに提出された「英文原稿」とその「音声データ」に基づいて予選審査を行い、本選出場者(15名程度)を発表する。
⑥ 応募手順:
(1) 大会ホームページの「応募」ページに必要事項を入力。
(2) 英文原稿をマイクロソフトWordファイルで作成(A4サイズ)
※演題のみ記載すること。原稿に氏名や高校名は記載しない。サンプル参照
(3) スピーチの音声データ作成(mp3またはm4a形式のみ可)
※音声データは演題から読み始めること。なお、録音状態が悪い場合は、審査の対象外となることがあるので、音量等、十分に注意すること。
(4) 上記(2)(3)を応募締切日時までに「応募」ページ(または別途指定するクラウドストレージに)
所属学校教員がアップロード
⑦ 事務局:
〒803-0835 福岡県北九州市小倉北区井堀1-3-5 西南女学院大学 人文学部 英語学科
KANAME杯実行委員長 大谷浩  電話 093-583-5722
※ 不明な点などは、大会ホームページの「問い合わせ」ページを利用。
⑧ 演題:自由 (テーマは自由とするが、自身と社会とのつながりが感じられるテーマが望ましい。)
⑨ 発表時間:4分以上5分以内
⑩ 発表形式:事前収録・提出済みのスピーチ動画をビデオ会議ソフト上で上映する。
⑪ スピーチ動画提出締切: 11月4日(木)午後1時
※併せて、スピーチ内容の概要を日本語で200字以内にまとめ、動画と共に提出する。(但し、日本語概要は審査対象ではない。
※※スピーチ動画の作成上の注意事項については、予選結果発表後にオンライン説明会を別途実施する。
⑫ 質疑応答時間:本大会では質疑応答は実施しない。
⑬ 参加費:無料
⑭ 注意事項
(1) 各学校からの予選応募人数は5名まで。本選出場人数は2名まで。
(2) 発表時間は4分以上5分以内とし、4分に満たない場合や5分を超過した場合は減点となる。
(3) 大会での発表内容が、予選審査の内容と異なる場合は失格となる。
(4) 発表原稿は発表者自身の考えや経験に基づいた主張を含むオリジナルのものとし、未発表のものに限る。他大会等で用いた原稿は使用できない。
(5) 応募に関する個人情報は、本大会の審査、発表、連絡のみに使用するものとする。
(6) 発表原稿の著作権は主催者に帰属する。
(7) 大会終了後、大会写真および入賞者の発表動画等は本学ホームページ等で広く紹介する。
(8) 大会はZoom Webinarで実施する。本選出場関係者だけでなく、予選応募関係者及び一般からも参加・視聴できる。
⑮ 審査要項
(1) 審査委員 上智大学名誉教授 吉田研作先生、他2名で審査を行う。
(2) 審査基準 内容、英語力、アピール度を総合的に審査するが、内容を最も重視する。

■表彰(本選大会の表彰は以下の通り)
第1位(=KANAME賞)(1名):KANAME杯トロフィー・賞状・商品券50,000円分
第2位(1名):KANAME杯トロフィー・賞状・商品券30,000円分
第3位(1名):KANAME杯トロフィー・賞状・商品券20,000円分
その他、
福岡県教育委員会賞、北九州市長賞、北九州市教育委員会賞、北九州ゾンタクラブ賞、アウルズ賞
※大会出場者全員に、本選出場の証書(賞状)と参加記念品を贈呈する。