Home / Department Info / Gain qualifications / TOEICと英語検定では、どんな違いがありますか。

TOEICと英語検定では、どんな違いがありますか。

それぞれ、目的や内容、評価の方法などに異なった特徴があります。大まかには、TOEICは、ビジネスのための実践的な英語力を測ることを狙いとしています。テストは、主にビジネスや実社会の活動を内容とする種々の問題を使って聴解力と読解力を測定し、その資格をスコア(点数)で表示しています。これに対して、英語検定は、聴解力や読解力に加えて英語面接をも含めて、英語の4技能を総合力に測定して、2級、準1級のように、資格が「級」で与えられます。日本では、共に定着した英語資格として社会から高い評価と信頼を得ています。それぞれのテストの狙いや出題形式を充分に理解した上で、学生の皆さんは、時間をかけて体系的に学習を続けることが求められます。

Check Also

英語資格のためにどんな授業がありますか。またどのように履修しますか。

英語学科では、全員の学生が、最低でもTOEICで650点、英検では2級以上を取得して卒業することを目標にしています。カリキュラムでは、この目標基準を全員が超えられるように、TOEIC演習と英検演習は、それぞれ別々にAからEまでの5段階のクラスが設けられています。

英語資格に向けた学習と将来の職業とをどう結びつけるといいのでしょうか。

個々の学生が卒業後に入りたいと望む職域と関連して、英語学科では、4つの履修モデルを提案しています。どんな職域で働きたいのかを少しでも早くご自分で決めた方がよい理由は、志望する職域に合わせて科目を履修することができるからです。

Leave a Reply