• English Teaching

    教職課程(英語)

    英語学科、教職課程のページへようこそ 英語学科の教育課程で開講されている科目の中から、卒業時までに最低124単位以上を履修しながら、教職課程で課される科目(本学の場合は37単位)を同時並行で履修し、単位を修得することで、本学卒業時に中学校と高等学校の教員免許状を取得することができます。 本学では、新入生の約25%の学生が教職課程(英語)を受講し始め、殆どの学生が最終的に教員免許状の取得に至ります。英語学科では、免許状取得者のうち、多くの卒業生が、中学校・高等学校の英語教員として勤務しています。専門的に学んだ英語を職業として活かしながら、自分の出身地や近隣の地域で社会に貢献することができるという点では、最もやり甲斐のある仕事の一つと言えます。 以下は、高校生や保護者、また在学生からよく問われる質問です。ここでは、これらの質問に応答する形式で、教職課程を履修する際の不安を一掃し、一人でも多くの学生が教職課程に加わり、目標の実現に向けて、学びの幅を拡げて下さることを願っています。 教職課程を取るかどうか、いつ頃決心する必要がありますか。 教員を目指すには、海外留学をした方がいいでしょうか。 教職課程では、どんな科目を履修するのでしょうか。また、何かの条件がありますか。 教職を履修し始めて、学習上困った時にサポートをして頂けますか。 学科で課される単位に加えて、40単位近くを余分に履修するのは大変ですか。 教育実習が課されるそうですが、どんなことをするのでしょうか。 TOEICや英検のスコアや級を取る必要はありますか。 取得できる教員免許状の正式な名称は何といいますか。 教員採用試験は大変難しいと聞いていますが、採用試験に最終合格することができるのでしょうか。

    Read More »
  • 教職課程を取るかどうか、いつ頃決心する必要がありますか。

  • 教員を目指すには、海外留学をした方がいいでしょうか。

  • 教職課程では、どんな科目を履修するのでしょうか。また、何かの条件がありますか。

  • 教職を履修し始めて、学習上困った時にサポートをして頂けますか。

  • 英語資格を目指す教育でどんな成果が生まれているのでしょうか。

    この英語資格教育プログラムは、本学英語学科のこれまでの長い経験を踏まえて改良を重ねて生み出されたものです。やる気はあっても力が思うほどは伸びなかった人も、かなりのレベルの英語力を既に持っている人も、共に英語力を著しく伸ばすことが可能です。ここで大切なことは、意欲を自らどう高めるかということです。それには、英語学科の「英語使用」を促す様々なレクチャーや多彩なプログラムが用意されていますので、積極的に参加することを勧めます。興味を覚えるようになれば、学習意欲が必然的に高まります。意欲は、学習を促し、さらに学習の幅や深度を増してくれます。語学の授業の予習や復習を徹底すること、自宅のPCから本学のe-Learning教材、CHIeruにアクセスして、ネットを通して英語の自宅学習をすることも可能です。Reading Marathonに参加することで読解力を飛躍的に高めることもできます。英語学科で提供される様々な学習環境を縦横に利用することで、どなたでも驚異的な成果を生み出すことができます。 過去2年間において、ご本人の努力の結果、飛躍的に英語力を伸ばすことができ、夢を実現した卒業生のほんの一例を紹介しましょう。 2012年度 矢島理穂さん (県立小倉南高等学校出身) 英検準1級合格  日本航空(株)客室乗務部勤務 2013年度 藤山奈津美さん (東筑紫学園高等学校出身) TOEIC 910点   日本NCR(外資系優良企業) 2013年度 村田諭子さん (県立東筑高等学校出身) TOEIC 890点 教員採用試験最終合格 県立高校教員 2013年度 山本しおりさん (県立北筑高等学校出身) 英検準1級合格 全日本空輸(株)客室乗務部勤務…

    Read More »
  • 英語学科における英語資格試験への学習指導と支援体制

  • 将来英語圏の大学の大学院に入りたいという夢を持っています。

  • TOEICと英語検定では、どんな違いがありますか。

  • どんな心の準備が英語資格試験のための学習に求められますか。

  • Reach out

    Golden Z Club • ゴールデンZクラブ

    ゴールデンZクラブとは? 1919年、女性にまだ参政権のなかった頃、アメリカ・ニューヨーク州のバッファローで、「女性の地位向上のためにはもっとやるべきことがある!」との認識を持った女性たちが集まって国際ゾンタが創設されました。現在世界63ヶ国に約1,100クラブ、25,000人の会員が活動しています。日本では全国各地に45クラブ、約900人の会員がいます。ゾンタクラブの会員は世界的な友好を通じて理解・親善・平和の促進のために助け合い、女性の平等な権利、政治的な均等、教育と健康の享受、女性と子供に対する暴力の根絶など国際ゾンタが提唱するプロジェクトを支援するため活動します。ゴールデンZクラブは、その国際ゾンタの傘下にある大学生組織です。西南女学院大学では、2013年に九州初のゴールデンZクラブが創設されました。約50名のメンバーたちは、現在、次のような活動を行っています。 ANAKOTアナコット~カンボジア教育支援~ カンボジア教育支援は、ANAKOTというカンボジアの公用語であるクメール語で「未来」を意味する団体名で主に大学のある北九州とカンボジアで活動を行っています。カンボジア産の黒胡椒を使用したクッキーを地域や学内のイベントで販売し、そこで得た利益とリサイクル容器を回収して得た利益で図書を購入し、毎年2月にカンボジアへのスタディー・ツアーの中で直接カンボジアの学校に寄贈しています。今までに500冊以上の図書を寄贈しました。またカンボジアでは、寄贈を行った後に支援する学校の生徒に書道や折り紙などの日本文化の紹介を通して交流を行っています。また、NPO ACROSSのご協力のもと、毎年1月にカンボジアの女子大学生を北九州に招待し、学生によるホームステイの受け入れを行なったり、北九州ESD協議会のご協力を頂きながら市民を交えたカンボジアと日本の文化を発表しあう交流会を行ったりしています。 北九州情報冊子 地域活性化のために、北九州の人気カフェや伝統工芸品、観光名所、名物などを学生の視点で情報を収集し、冊子にまとめたり、SNSを活用して発信したりするという活動を行っています。 学外活動 学外の団体等が主催する社会貢献事業にも積極的に参加しています。これまで、市長とのタウンミーティング、ジェンダーに関するセミナー、在福岡アメリカ領事館主催の英語でのディスカッションや留学等に関するイベント、SDGsに関すワークショップやセミナーなどに参加してきました。様々なセミナーやボランティア活動に参加できるため、とても良い経験ができます。 大学祭・広報 もっと皆さんにゴールデンZクラブの活動を知っていただくために、ポスターを作成したり、大学祭でゴールデンZクラブの活動についての展示を行ったりしています。とても楽しくて達成感を味わえる活動です。 国際交流 国際交流は、主に国際ボランティアを行うセクションです。通訳ボランティアを行ったり、英語を使ったイベントやセミナーなどに参加したり、自分たちで企画したりしています。 学習支援 地域の小学校・中学校・高等学校や学習センターなどへ行き、子供たちに勉強を教えるボランティア活動を行っています。子供たちと楽しく触れ合いながら、直に子供たちの反応を感じることができます。そして、活動を通して、自分自身の成長に繋ぐことができる活動です。

    Read More »
  • Volunteering for Cambodia • カンボジア教育支援プロジェクト

Back to top button