Home / Department Info / Gain qualifications / どんな心の準備が英語資格試験のための学習に求められますか。

どんな心の準備が英語資格試験のための学習に求められますか。

英語学科の学生であることは、他の学部・学科の学生よりもより高い英語力を身につけることが社会から期待されています。言うまでもなく、英語に関する高度な知識と運用力が求められます。TOEICや英検のためだけの学習で英語力が飛躍的に伸びるということではありません。英語学科のカリキュラムには、学年の進行に合わせて、英語の4技能の全ての側面を強化するための科目が多数備えられています。これらの科目の学習で身についた英語力が、資格試験で求められる英語の底力になります。この底力を育てる努力をする学生は、TOEICや英検の学習でも順調にスコアや級を伸ばし、自分でも驚くほどに英語力を伸ばすことが可能です。そのためには、志望する将来の職種に合わせて、英語資格に対するご自分のニーズをできるだけ早く見出すことをお勧めします。全ては、そこから始まります。

Check Also

英語資格のためにどんな授業がありますか。またどのように履修しますか。

英語学科では、全員の学生が、最低でもTOEICで650点、英検では2級以上を取得して卒業することを目標にしています。カリキュラムでは、この目標基準を全員が超えられるように、TOEIC演習と英検演習は、それぞれ別々にAからEまでの5段階のクラスが設けられています。

英語資格に向けた学習と将来の職業とをどう結びつけるといいのでしょうか。

個々の学生が卒業後に入りたいと望む職域と関連して、英語学科では、4つの履修モデルを提案しています。どんな職域で働きたいのかを少しでも早くご自分で決めた方がよい理由は、志望する職域に合わせて科目を履修することができるからです。

Leave a Reply