Home / Department Info / Japanese teaching / カリキュラム(4年間でどんな力がつくの?)

カリキュラム(4年間でどんな力がつくの?)

日本語教員は日本語を母国語としない人に日本語を教える教育者です。国家資格ではありませんが、日本語教育能力検定試験に合格することや大学で日本語教育の課程を修了していることなどが、日本語教師として採用される際の基準となります。本学の日本語教員養成課程では3年間のカリキュラムで細やかな指導を行い、国内外での実習により実践に強い学生を育てています。また、日本語教育能力検定試験に合格するための支援も実施しています。

実践に強い学生の育成

  • 3年間の充実したカリキュラムときめ細やかな指導
  • 国内外での日本語教育実習や海外でのインターンシップ

日本語教師としての就職支援

  • 日本語教育能力検定試験に合格するための徹底したサポート

大学院進学希望者への支援

  • 国内外の大学院への進学希望者に対しての特別指導

Check Also

こんな授業が受けられます!

日本語学概論 日本語教育法1 日本語教育法2 日本語教育法演習1 日本語教育法演習2 日本語教育実習 異文化間コミュニケーション1 異文化間コミュニケーション2 日本語教育能力検定試験対策講座(特別授業)

日本語学概論は、 こんな授業です!

私たちが無意識に使っている「日本語」の仕組みや歴史を、基礎から学ぶ授業です。 日本語を科学的・客観的に観察する能力が身につきます。 学生の声 日本語教育の奥深さを1番感じました。 毎回予習して分からないことを、ピックアップして詳しく説明して下さったので良かったです。 実際に生活でも役立てそうなことも多くてとても勉強になりました。 教育に心理学が関わっていることがとても興味深かったです。 教科書を読むだけではなかなか分からなかったことも、先生の説明を聞くと、例えも分かりやすくて理解しやすかったです。 学生のことを思って授業の準備や進め方を工夫していると、強く思いました。 難しい内容が多く、最初は戸惑ったけど、先生の解説が分かりやすかったので、頑張れました。 退屈しないように多くの工夫がされていて、楽しく受けることができたので、習得しやすかったです。 シラバス(授業の詳しい説明)