Home / Department Info / English Teaching / 教員を目指すには、海外留学をした方がいいでしょうか。

教員を目指すには、海外留学をした方がいいでしょうか。

海外留学や語学研修に参加することが必須の条件として求められている訳ではありませんが、海外留学や語学研修では、実際の英語使用環境の中で英語を使ってコミュニケーションをすることが求められます。実際に英語を使う経験をすることは、英語教師には大変重要な意味を持ちます。滞在期間の長短に拘わらず、海外で生活することで、その国の文化や人々の生活の仕方などを直接に観察することもできます。さらに、英語を指導する際に、教材の内容に合わせてこれらの経験を生徒たちに伝えることも可能です。

Check Also

教職を履修し始めて、学習上困った時にサポートをして頂けますか。

教職課程に限らず、学習中にいろんな困難や疑問を感じることがあります。ご自分がうまく理解できない点は、授業中に質問することができますが、授業外に個人的に質問することもできます。

学科で課される単位に加えて、40単位近くを余分に履修するのは大変ですか。

教職課程を履修する学生は、本学では37単位余分に履修しなければなりませんので、大学生活が忙しくなることは確かですが、この忙しさを学びの充実化と捉えて、むしろ意欲的に立ち向かっている学習者が殆どです。

Leave a Reply