English Teaching

英語の先生になろう!Gaining teaching qualifications

学科で課される単位に加えて、40単位近くを余分に履修するのは大変ですか。

教職課程を履修する学生は、本学では37単位余分に履修しなければなりませんので、大学生活が忙しくなることは確かですが、この忙しさを学びの充実化と捉えて、むしろ意欲的に立ち向かっている学習者が殆どです。

Read More »

教育実習が課されるそうですが、どんなことをするのでしょうか。

教職課程を履修して教員免許状を取得しようとする人は、どの教科に限らず、必ず教育実習を経験しなければなりません。本学では、3週間の教育実習を課し、卒業時に、中学校と高等学校の両方の英語教員免許状を取得できるように指導しています。教育実習は、教職過程の総仕上げ的な意味を持ちます。

Read More »

TOEICや英検のスコアや級を取る必要はありますか。

英語教員にとって常に英語力を高める努力をすることは大切なことです。日々の研鑽の結果として、どれくらい力が伸びたかをチェックする意味で、TOEICや英語検定の果たす役割は極めて大です。

Read More »

取得できる教員免許状の正式な名称は何といいますか。

教職課程の科目履修を全て終了した場合に、卒業時に取得できる2つの免許状の正式名称は、「中学校教諭一種免許状(英語)」と「高等学校教諭一種免許状(英語)」です。

Read More »

教員採用試験は大変難しいと聞いていますが、採用試験に最終合格することができるのでしょうか。

教員免許状を取得したからと言って、直ぐに教員になれる訳ではありません。確かに難しい試験ですが、受験のための備えをすれば、最終合格の確率は上がります。

Read More »
Back to top button