Gain qualifications

英語の資格を取ろう!Gaining English qualifications

英語資格に向けた学習と将来の職業とをどう結びつけるといいのでしょうか。

個々の学生が卒業後に入りたいと望む職域と関連して、英語学科では、4つの履修モデルを提案しています。どんな職域で働きたいのかを少しでも早くご自分で決めた方がよい理由は、志望する職域に合わせて科目を履修することができるからです。表1.2は、想定した4つの職域を目指して就職活動を開始する際に求められる英語資格の目標スコアと級を提案しています。英語資格のための科目のみならず、履修モデルにそって科目を受講し、自らのキャリア・デザインを組立てながら、それぞれの職域で求められる専門的知識や技能、責任感のある社会人に必要な基礎的人間力を地道に育んでいきます。これまで様々な学生を見てきましたが、資格試験によって英語力が着実に伸びていることを実感するようになると、他の多様な領域の勉強にも意欲を示すようになります。ボランティア活動にも積極的に係わるようになり、自分中心から自分の周りや自分を取り巻く社会に関心を向け始め、全人的な成長を加速するようになります。結果的に、自分の目標基準をさらに1ランク上げた職業に挑戦し、良い成果を残しています。皆さんもこの学びのプロセスに積極的に係わっては如何ですか。一人ひとりの夢を大切にしながら、しっかり応援します。それぞれの履修モデルに含まれる科目は、入学後にオリエンテーションなどで分かりやすく説明されます。  キャリアデザインに応じた4つの履修モデルの領域(表1.2 ) 英語教員と日本語教員をめざす 英語教員と日本語教員など、教員をめざす履修モデル。海外留学、国内外の大学院進学希望者にも適しています。国内外の状況について英語で送受信できる高い知識と英語運用力を育てるための科目選択が必要になります。【目標】TOEIC 750点以上、英検準1級以上、日本語教育能力試験の合格 運輸・航空・製造系の企業をめざす 航空業界をはじめ、全国規模の運輸・製造業系の企業への就職を望んでいる人のための履修モデル。高いレベルの英語力とコミュニケーション能力の修得をめざしています。【目標】TOEIC 700点以上、英検2級〜準1級 自動車。化粧品販売などサービス業をめざす 卸売・小売・サービス業系などの全国規模の企業だけでなく、地元の企業への就職も視野にいれている人のための履修モデル。空港業務、自動車・化粧品販売などを視野に相応の英語力とコミュニケーション能力を身につけます。【目標】TOEIC 650点以上、英検2級以上 銀行・保険・IT企業などの一般事務をめざす 金融・保険業、その他一般事務系などの仕事で、全国規模の企業のみならず地元企業への就職も視野に入れている人のための履修モデル。銀行、IT関係、病院事務なども視野に、相応のコミュニケーション能力と事務能力、英語力を身につけます。【目標】TOEIC 650点以上、英検2級以上

Read More »

英語資格を目指す教育でどんな成果が生まれているのでしょうか。

この英語資格教育プログラムは、本学英語学科のこれまでの長い経験を踏まえて改良を重ねて生み出されたものです。やる気はあっても力が思うほどは伸びなかった人も、かなりのレベルの英語力を既に持っている人も、共に英語力を著しく伸ばすことが可能です。ここで大切なことは、意欲を自らどう高めるかということです。それには、英語学科の「英語使用」を促す様々なレクチャーや多彩なプログラムが用意されていますので、積極的に参加することを勧めます。興味を覚えるようになれば、学習意欲が必然的に高まります。意欲は、学習を促し、さらに学習の幅や深度を増してくれます。語学の授業の予習や復習を徹底すること、自宅のPCから本学のe-Learning教材、CHIeruにアクセスして、ネットを通して英語の自宅学習をすることも可能です。Reading Marathonに参加することで読解力を飛躍的に高めることもできます。英語学科で提供される様々な学習環境を縦横に利用することで、どなたでも驚異的な成果を生み出すことができます。 過去2年間において、ご本人の努力の結果、飛躍的に英語力を伸ばすことができ、夢を実現した卒業生のほんの一例を紹介しましょう。 2012年度 矢島理穂さん (県立小倉南高等学校出身) 英検準1級合格  日本航空(株)客室乗務部勤務 2013年度 藤山奈津美さん (東筑紫学園高等学校出身) TOEIC 910点   日本NCR(外資系優良企業) 2013年度 村田諭子さん (県立東筑高等学校出身) TOEIC 890点 教員採用試験最終合格 県立高校教員 2013年度 山本しおりさん (県立北筑高等学校出身) 英検準1級合格 全日本空輸(株)客室乗務部勤務…

Read More »
Back to top button