Seinan

TEEN (The 21st Tripartite Environmental Education Network 日中韓環境教育ネットワーク)

10月16日(金)韓国環境省主催により行われたTEEN (The 21st Tripartite Environmental Education Network 日中韓環境教育ネットワーク)の会議で、北九州市環境学習課の職員と一緒に2年生の葉石明日香さんと道城友里愛さんがカンボジア教育支援の取り組みについて発表しました。TEENは日本、中国、韓国の三カ国で持ち回りで行われており、これまで北九州で行われた際にパラレルイベントに学生が参加させていただいたことはあるのですが、今回は本会議の方に参加させていただきました。

Read More »

2020 Entrance Ceremony

Six months later than usual, but our 2020 Entrance Ceremony was held on a beautiful autumn day on October 1,…

Read More »

Graduate Chat

Three of our graduate students sat down for a chat on Zoom. Tomomi, Ikumi, and Urara talked about their student…

Read More »

英語学科の学生生活

本日は英語学科の学生3人が、英語学科での学びについてインタビューに答えてくれました。明日香(3年)、優紀子(2年)、英里(1年)の3人が、授業、活動、先生との関わり、留学、コロナウイルスが流行しているなかでの学びについて話してくれました。Three of our students sat down for an interview today about life in the English Department. Asuka (Year 3), Yukiko…

Read More »

Youth and Sustainablity in the COVID-19 Era

国連青少年デーである今日、RCEs(国連大学が定める持続発展教育の地域の拠点)アジア太平洋地域主催のウェビナーで、西南女学院大学英語学科の学生がYouth and Sustainablity in the COVID-19 Eraというタイトルで、ゴールデンZクラブのこれまでの取り組みとコロナ禍の中での活動の工夫とそこで得た学びや今後の活動の展開について発表しました。約80名の参加者が集まる中、アジア太平洋地域の7カ国から10組の発表があり、日本からは神戸と北九州のユースが発表しました。

Read More »
Back to top button