EventsNewsPeople

Students attend the Nihongo Kyoiku Gakkai

日本語教員養成課程の3回生、佐伯栞さんと網岡祥子さんが、長崎での日本語教育学会研究集会に、横溝先生と一緒に参加しました(6月1~2日)。

Shiori Saeki and Shoko Amioka, together with Prof. Yokomizo, attended an annual conference of the Nihongo Kyoiku Gakkai (the Society for Teaching Japanese as a Foreign Language) held in Nagasaki from June 1-2. [blog]

佐伯栞さんの感想(Shiori’s Voice)

 初めて学会という場に参加させて頂きました。「学びに限界はない」とよく言われますが、まさにそのことを肌で感じられる刺激的な2日間でした。学部生の間にこのような機会を与えて頂いたことに感謝したいです。日本語教育に関する研究発表大会でしたが、研究内容以外にも、これから社会に出ていく私が学ぶべきことを示してくれる場でもありました。  I was given a good opportunity to extend myself by Prof. Yokomizo.  I believe it is true that, “Learning has no limits.”  This experience has served as a stimulus for me to study more in college.  I could learn not only my studies but also the path to success.

網岡祥子さんの感想(Shoko’s Voice)

I participated in Japanese teachers’ conference in Nagasaki on June 1st and 2nd. Many professors and teachers involved in teaching Japanese gave lectures about how to make classes more effective and we also had a poster session. I’ve got many advices and they motivated me to try hard to become a Japanese teacher. I went to the academic conference for the first time, so I was very nervous, but it was really a good experience. 私は6月1日、2日に長崎で開かれた、日本語教育学会に参加しました。多くの日本語教育に携わる先生方の講義を聴くことができました。授業をどのように生徒たちにとって効果的なものにするかを熱心に語られていました。またポスター・セッションにも参加させていただきました。多くの先生方から日本語教師になるためのアドバイスをいただき、大変勉強になりました。学術的な会合に参加するのは今回が初めてでとても緊張しましたが、収穫の多い、充実した2日間でした。

Show More

Related Articles

Leave a Reply

Check Also
Close
Back to top button
Close
Close