Home / Seinan / People / Faculty / Hiroshi Otani

Hiroshi Otani

Hiroshi Otani is a professor at Seinan-Jo Gakuin University. He has taught English at various schools, including La Salle Junior/Senior High School (in Kagoshima City), Meijigakuen High School (in Kitakyushu City) and the National Institute of Technology, Kitakyushu College (or Kitakyushu Kosen). He has a good knowledge of such areas of study as linguistics, English education, and ICT education, but he considers himself a language teacher rather than a researcher. All through his career as an English teacher, he has put his energy into improving  the English abilities of his students at the schools he has been assigned to.

He enjoys fishing, especially in mountain rivers in Central Kyushu, jogging (has finished a couple of full marathon races) and recently he started piano practice from scratch. He is currently working on “Frozen” (beginning level version). He has found Seinan-Jo University a wonderful place to teach English—very nice students and great English teachers.

Hiroshi Otani
Hiroshi Otani

今年(2015年)で英語教員生活30年になります。上智大学外国語学部英語学科卒業後、ラサール中学高等学校、北九州予備校、明治学園高等学校(北九州市)、北九州工業高等専門学校で教鞭を執ってきました。ECC英会話学院でも教えていたことがあります。そしてこの春、西南女学院大学人文学部英語学科に着任しました。

専門分野は言語学や英語教育学ということになりますが、主として中高生の年齢層を対象に語学教師を懸命にやってきた、というのが自分の認識です。そのときどきの勤務校で、生徒達が最大限に英語力を伸ばすことができるようにたくさんの試行錯誤を重ねてきました。受験校では受験英語に留まらない、実践的な英語力も付くように工夫しました。受験のない高専では、いかにして英語に興味を持ってもらえるかを工夫しました。そうした奮闘の中で、言語学や英語教育学、第2言語習得の知見を利用したり、更に勉強をしたりという姿勢で今日に至っています。

趣味は小さい頃から釣りが好きで、ちょうど北九州高専にいた16年間はヤマメ釣りに熱中していました。最近は少し熱が冷めていますが、それに取って代わるように6年ほど前からランニングが趣味になっています。とてもスローランナーですがフルマラソンも何度か完走し、今でもなるべく走るようにしています。そして昨年からピアノも始めました。「ド」の場所も知りませんでしたが、今現在のレベルはバイエルが終わるくらいのところです。始めた動機はボケ防止です(笑)。

あとはパソコン、インターネット、大好きです。スマートフォンで気軽にGoogleマップが使えるようになる前は、GPSと電子地図ソフトを連携させてドライブルートやヤマメが釣れたポイントを記録して遊んでいました。

西南女学院大学では、これまで培ってきた語学教師としてのノウハウを活かしつつ、専門分野の研究を深めていきたいと考えています。

Check Also

Miki Tsukamoto

Miki Tsukamoto is a lecturer in the English Department of Seinan Jo Gakuin University. She …

Shinichiro Yokomizo

プロフィール ことばの教師になって20数年、ずっと確信し続けていることがあります。それは、「要は『やる気』次第!」という考えです。「どんなに上手に教えることができても、学習者にやる気がないとうまくいかない」という思いを、私は教師になった頃から強く持っています。そして、「教師の言動が、学習者のやる気に大きな影響を与える」という思いも、自分自身の学習者としての体験・教師としての体験から、強く持っています。皆さんにも、「~先生のせいでやる気を失った」とか「~先生のおかげで、ある教科が好きになった」とかいう経験がおありではないでしょうか。 学習者のやる気の有無が学習の成果に大きな影響を与え、教師の言動がそのやる気に大きな影響を与えるとするのなら、三段論法で、教師の言動が学習者の学習成果に影響を与えることになります。となると、教師の仕事が学習者の学習成果を上げる支援者である以上、「自分の授業は学習者のやる気を引き出しているか」という観点で、自分自身の言動を振り返り、改善点があればそれを直し、よい点があればそれを継続したりさらに発展させたりすることが、教師に求められることになります。その繰り返しこそが、教師としての成長につながるのです。 現在私は、西南女学院大学での教育・研究活動だけでなく、国内外での日本語教育/英語教育、そして在住地域(博多)の様々な教育活動にも積極的に関わっています。それらの活動を通して知り合う数多くの魅力的な方々から、「やる気を引き出すヒント」をたくさん教えてもらっています。そこから得られた学びを、自分の教育・研究活動に活かすよう、楽しみながら頑張っています。 2013年春より、日本語教員養成課程の責任者として、履修者全員が豊富な知識と確かな実践能力を4年間で身につけ、卒業後に就職または国内外の大学院に進学できるように、カリキュラム全体の改革を進めています。これまでの教育活動の集大成として取り組むカリキュラム改革ですので、全力で大きく発展させていきます。日本語教師にどうしてもなりたい方、西南女学院大学人文学部英語学科で、いっしょに成長していきましょう! Being a language teacher for over 20 years, I strongly …